【令和元年5月最新】セブにあるアジア最大級のモールSMシーサイドとは

スポンサーリンク

セブ島の観光客にとって、お土産を買ったり滞在中の必要物を買ったり、ただぶらぶらしたり、と何かと便利なショッピングモール。

セブシティ周辺にはそんな便利な大型ショッピングモールが少なくとも6つあります(SMシーサイド、SMシティ、パークモール、アヤラ、ロビンソンガレリア、Jセンターモール)。

その中でもこの記事では、その中で一番規模の大きい、SMシーサイドモールについて特集します。

なお、この記事ではSMシーサイドの全体の概要について、ざっくりと記載し、後日各項目別に別記事で詳しくご紹介出来ればと思います。

スポンサーリンク

SMシーサイドはアジア最大級のモール

フィリピン全国にショッピングモールを展開するSM(Shoe Martの略)グループ。

世界長者番付のTOP100に入る、ヘンリー・シー氏が統帥するこのSMという組織はショッピングモールだけでなく、銀行、保険、不動産、リゾート経営などありとあらゆる事業に進出する多角経営企業です。

そんなSMグループが2015年にセブシティの南東のはずれの埋め立て地区にオープンさせたのがこの”SM SEASIDE CITY CEBU”。

アジア最大級と言われるテナント面積(470,000㎡、世界第6位)を誇るメガモールです。

最大級、とは言うものの…

ただ、アジア最大級と言っても、SMシーサイドは4階建てのドーナツ型で歩いて一周でき、フィリピンによくある迷路のようなモールと違ってあまり迷う事のないつくりになっています。

テナント面積は最大級なのですが、実は立地が悪く、客足が伸びず撤退するテナント続出で、結構空いている区画が多くあります。

なのでホントの意味で最大級と言えないかも知れません、私の感覚的にはアヤラモールやSMシティの方がお店は多いような気がするのですが…。

まぁ私はSMシティやアヤラと比べて、シーサイドは混雑しておらず買い物しやすくて好きですね。

余談ですが…

SMの事をわざわざ「シューマート」と呼ぶ人は、旅行者かまだフィリピンに来て間もない人だな、と分かってしまいます。
フィリピンに長い事いると「さっきSMに行ってきてさぁ…」なんて何の恥じらいもなく言うようになります。
その感覚で日本へ戻った時は、注意が必要ですが(笑)。

スポンサーリンク

SMシーサイドへのアクセス

SMシーサイドのタクシー乗り場

SMシティモールへはジープニーは出入りしておらず、タクシー又はMyBus利用で来店します。

MyBusは、SMシティモールやパークモール、またフェンテサークルからSMシーサイドを結んでいます。

空港とSMシーサイドを直接結ぶバスはなく、中継地点のSMシティで乗り継がなければなりません。

ハバルハバルというバイクタクシーも利用可能ですが、複数で来る場合はタクシーの方が安くなるでしょう。

セブのどこからでも、「SMシーサイド」と言えば伝わります。

次のページ:いよいよ入店、はじめてフィリピンのモールに来た人が最初に驚く事とは?

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
買い物
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント

  1. […] セブシティの外れにある超大型ショッピングセンター、SMシーサイドでは、常夏のフィリピンに似つかわしくないアクティビティが楽しめます。 […]

  2. […] 【令和元年5月最新】セブにあるアジア最大級のモールSMシーサイドとは丸一日でも楽しめるアジア最大級のショッピングモール、SMシーサイドの概要をサクッとご紹介。レストラン・映 […]

  3. […] 【令和元年5月最新】セブにあるアジア最大級のモールSMシーサイドとは丸一日でも楽しめるアジア最大級のショッピングモール、SMシーサイドの概要をサクッとご紹介。レストラン・映 […]

  4. […] SMシーサイドのタクシー乗り場(著者撮影) […]

  5. […] 【令和元年5月最新】セブにあるアジア最大級のモールSMシーサイドとは丸一日でも楽しめるアジア最大級のショッピングモール、SMシーサイドの概要をサクッとご紹介。レストラン・映 […]