【FAT DOIS】セブの大人気チーズタッカルビ?行列の理由は?

スポンサーリンク

今日は2017/5/27にオープンした、FAT DOIS(ファット ドイス)という今でも大人気のレストランを紹介します。

ここはフィリピン人オーナーが韓国で訪れたJames Cheese Back Ribsというレストランから着想を得て作った、 Korean Inspired Restaurantだそうです。

営業時間は、
月曜日~木曜日: 17:30~22:00
土曜日~日曜日: 17:00~22:00
金曜日: 定休日
です。

スポンサーリンク

場所

場所はこちら。

マンダウエシティのA.S.フォーチュナストリート沿いにあります。
タクシーで行く場合、Fat Dois, A.S. Fortuna Streetと運転手に伝えるか、運転手がわからなかった場合は、すぐ近くにOakridge Business Park(オークリッジビジネスパーク)という有名なビジネスエリアがあるので、オークリッジの入り口で降ろしてもらって歩いてもいいでしょう。
ちなみにオークリッジ内にあるRamen Yushoken(優勝軒)というラーメン屋さんも行列ができる人気店です。トリセブのこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

外観

FAT DOISの電飾が目印。

火曜日の18:30頃(開店して1時間後)にお店の前を通ったら、10人ちょっとの人が外で待っていました。多い時だと20~30人もの人が外で待っています。でも行列ができると言っても、椅子に座って待てるのでいいですね。
店内でリストに名前さえ書いておけば、自分の番が来た時に名前を呼ばれるので、座る場所に順番はありません。ここに座らずどこか違う場所で待つのもありです。待ち時間の有意義な過ごし方はこの記事の最後に紹介します。

FAT DOISがあるA.S. Fortuna Streetは車通りが多く、道路が混雑していることもしばしば。

この日はすぐそばで車の接触事故があったようで、道路上に人だかりができていました。

開店時間が近くなるとドアのところにこのようなWAIT LIST(順番待ちリスト)が掲げられるので、開店前に来た場合は代表者の名前と人数(# OF PAX)を記入します。開店後はリストが店内に持っていかれるようなので、一度お店に入って記入します。

リストの右下に記載されている文章の拡大図です。
自分の番が来て名前を呼ばれた際にその場にいないと、名前にX印を付けられるようです。予約がキャンセルされたわけではないので、慌てずに店員さんに声をかけましょう。
また、年配の方、障害をお持ちの方、妊婦さん、赤ちゃん連れなどは優先的に案内されるようです。フィリピンはこのような方々に優しい国ですので、自分の順番を飛ばされても怒らないようにしましょう。

スポンサーリンク

店内

この日は午後7時頃に一度お店に行きリストに記入しましたが、午後9時から友人と夕食の約束をしていたため、念のため人数の隣に9pmと書き添えてお店を出ました。


名前記入時の店内の様子。もちろん満席です。

各テーブルにはカセットコンロがあります。
本体にも書いてありますが英語だとPortable Stove(ポータブルストーブ)と言うみたいですね。
コンロって外来語っぽいけど実は日本語で、漢字で書くと「焜炉」なんだとか。

なおフィリピンではサリサリストアと呼ばれる個人商店などで、ガスを詰め替えた(refill)カセットガスボンベが安く売られていることがありますが、爆発する危険性があるのできちんと新品のものを買うようにしましょう。

ガスボンベも和声英語で、英語だとgas cylinder(ガスシリンダー)です。
ボンベ(Bombe)はドイツ語で爆弾という意味だそうです。英語だとbombですね。つまりガスボンベはガス爆弾。恐ろしいですね….

天井はなんかボロイ…笑



座席にもよりますが、店内の椅子はこのように背もたれが付いていない簡易的なものが多いです。
私が今住んでいる部屋にもこれと全く同じ椅子があります(笑)

お店の入り口付近にはこのような椅子もありました。

スポンサーリンク

メニュー

クリックで拡大

メニューはこれだけ。

写真だと見づらいと思うので、書きおこします。

CHEESE RIBS 259 (このお店のベストセラー)
CHEESY CHIX(SPICY/BBQ/GARLIC SOY) 209
SPICY NOODLES 189
CHREEMPS 269
MAC & CHIX 189
NACHO SKIN 149 (もう今は提供していないらしい)

Drinks
COKE/SPRITE/ROYAL 20
ICED TEA 60
SAN MIG LIGHT 50
FLAVORED BEER 60
BOTTLED WATER 25

Extras
KIMCHI RICE 140
PLAIN RICE 20
FRENCH FRIES 100
EXTRA CHEESE 60

昔のメニューにはビールが無かったようですが、今はビールもあります。
昔のメニューと比べると少し値上がりしたものもあります。
炭酸飲料に比べてアイスティーがそこそこ高いのはフィリピンの常識。フィリピンのアイスティーはデフォルトで砂糖がたくさん入っているので甘いのが苦手な方はご注意を。
私はお水大好き人間なので、「Naa mo’y service water? (サービスウォーターはありますか?)」と聞いてみましたが、「Only tap water.(水道水しかない)」と言われたので、おとなしくボトルウォーターを頼みました(炭酸飲料よりも高いけど笑)。

メニュー表の裏(こっちが表?)
周りの目を気にしつつスマホでメニューを全撮りする私としては、メニューが少ないのはありがたい。
メニューが多すぎると在庫管理・品質管理もおろそかになると思うので、メニューが少ないのは少数精鋭って感じがして良いですよね。

次ページでは実際に食べた料理を中心に紹介します。

セブ在住4年目のアラサー男子。
趣味は楽器の演奏(Gt., Ba., Dr., Key., etc.)。
時間がある時はセブの音楽スタジオで個人練習に励む。
好きなジャンルはパンク、メロコア。バンドメンバー募集中。

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
食事
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント