セブ島観光 天気が悪い時は日本未公開の映画を観よう! 英語も上達!?

スポンサーリンク

チケット購入

今回私が観た”バンブルビー”は、メガスクリーンでやっているという事を事前に調べていましたので、まっすぐそこへ向かいました。

SMシネマ チケット売り場
センターステージのチケット売り場 (著者撮影)

写真を撮ると、フィリピーナらしからぬシャイなお姉さんはうつむいてしまいました。

3Dのバンブルビーの料金は300ペソ(約630円)、3Dでない他の映画も230~240ペソで、日本で1本観る料金で2~3本観れてしまいます!

観たい映画を伝えると、座席をどこにするか画面を見て選びます。
全席指定で今回私と、一緒に行った嫁は、L24,25という最後列の席を選びました。

フィリピンは支払いは現金のみのところが多いですが、ここはクレジットカードも使用可。

SMシネマ チケット
味気ない入場券(著者撮影)

料金を払うとこの味気ない入場券を渡されます。
映画が始まる時間までは、映画館のロビーで待っても、モール内をウロウロしても良いです。

館内の雰囲気

(画像はクリックで拡大可)

館内には売店があり、スナックやジュースを購入出来ます。

とはいえ、一緒に来た嫁が、飲食の持ち込みも自由(ご飯ものは禁止)と聞き、早速下のスーパーで沢山のスナックを買い込んで入場。

これがフィリピン流なのでしょうが、映画館としては売上あまり上がりませんね…。

他に、日本の映画館ですとパンフレットやグッズなどが売っていますが、セブの映画館ではそういうのは見当たりませんでした。

(著者撮影)

こちらがスクリーンへの入口。

自動改札のようなものがあり、ここにチケットのバーコードをピッとする、のかと思いきや、普通に手でチケットをちぎられて入場しました。

最新の設備があってもそのうち使わなくなる、これもフィリピンあるある(笑)。

そしてこの3Dグラスを渡されます。

(著者撮影)

ところがこの3Dグラスが曇っている事があります、一回一回掃除していない模様。
またもフィリピンあるある…、ハンカチ等でよくふき取りましょう。

平日の16:10~の回でしたので、映画館はガラガラでした。
予告編は映画開始の10分前に始まるようで、16:10ちょうどにバンブルビーの本編上映開始。

チケットを買ってからすぐ入場せず、モール内をウロウロしていたのでしょうか、始まってから結構な人数が入場してきて、気が散ります。

これまたフィリピンあるある。

一応5.1chのようで、スピーカーは沢山あり、音響は良し。
会場自体も新しく、稼働率も低いのか、設備が痛んでおらず、快適でした。

バンブルビーのあらすじ(ネタバレなし)

さてここで、この映画”バンブルビー(Bumblebee)”について少し解説します。
あ、ネタバレはありませんから安心してお読みください。

アメリカでは2018年12月21日に公開されたばかり、日本では2019年の3月22日の公開予定のこの映画は、ナイキの創業者の息子で『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイト監督作品。

おてんばでかわいい女の子、チャーリーを演じるのは『スウィート17モンスター』や『トゥルー・グリット』、『ピッチ・パーフェクト2』などで知られるヘイリー・スタインフェルド、才能あふれる若手女優です。

他にも、アメリカ最強プロレスラーのジョン・シーナも出演、鍛え上げたその肉体を見せつけてくれます。

私はよく知らなかったのですが、”バンブルビー”は”トランスフォーマー”シリーズのスピンオフ作品とのこと。

トランスフォーマーに登場する人気のロボット、バンブルビーが主役となっています。

このロボットがフォルクスワーゲンのビートルに変身するところが、たまらなくコミュカルでかわいらしいのです!

ストーリーは、迫力のアクションシーンあり、主人公の女の子の青春ドラマあり、地球の未来が脅かされるピンチあり!

笑いと涙とドキドキハラハラがたっぷり2時間味わえる、エンタテイメント作品に仕上がっています。

この映画は是非、迫力満点の3Dの映画館で楽しんで下さい!

トランスフォーマーについてもう少し

画像情報:WIKIMEDIA COMMONS

私は今まで全然知らなかったロボットアニメ界ですが、この映画が面白かったので、トランスフォーマーについてもう少し調べてみました。

1980年代にタカラから発売されたロボットのおもちゃを元に、アメリカで詳細な設定とともに発売されたのが”トランスフォーマー”シリーズ、だそうです。

トランスフォーマーは国や時代を超えて愛され、2007年以降5作の実写映画が製作されました。

そしてこの”バンブルビー”は、最新作にして、映画1作目”トランスフォーマー”(2007)の20年前が舞台となっています。

つまり、今までのトランスフォーマー作品を観て来たファンにとっては、 全ての始まりがどうだったのかという、新しい部分に触れられます。

また、はじまりの物語ですから、今までのトランスフォーマーを見た事がない私のようなものがいきなり見ても、十分に楽しめるのです。

そして、本作を観た後にトランスフォーマーシリーズを観ていけば、順番通り楽しめるわけですね。

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
アクティビティ
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント

  1. […] […]

  2. […] セブ島観光 天気が悪い時は日本未公開の映画を観よう! 英語も上達!?セブ島観光が悪天候で台無し…そんな時お勧めなのが、映画鑑賞です。「映画なんて日本で観れるのに」と思うかも […]