【離島シリーズ】セブ島の北に浮かぶ小さな楽園 バンタヤン島

スポンサーリンク

バンタヤン島の宿

宿泊したブジョンリゾートのビーチ

さてノープランで来た私は、島内の安そうな宿を適当に回って決める事にしました。

港のあるサンタフェ周辺は、たくさんのビーチリゾートがあります。
なかにはビーチ沿いで1泊1000ペソという部屋もありましたが、狭く、あまりにも質素。

何軒か回った中で、まずまずのコスパだった、ブジョン(Budyong Beach Resort)という宿に決めました。

ブジョンリゾートのエントランス

行った時期がまだフィリピンの夏休み前の3月という事で、予約なしでも部屋が沢山空いていました。

このコテージで、1泊2200ペソ。

(クリックで拡大可)

ビーチ目の前のコテージはたしか3,000ペソくらいしましたが、ここでもビーチまで15mほどですから、十分です。

フィリピンの宿は大抵どこでもそうですが、1室料金ですので、1人で泊まっても、家族4人で泊まっても同じ料金なのはありがたいですね。

とりあえず、ここの宿内のレストランで、フィリピン料理の昼食を食べました。

(クリックで拡大可)

オフシーズンに行くなら、このような行き当たりばったりの決め方も出来ますが、フィリピンの夏休みである4,5月や、クリスマス・年末年始などに行く場合は宿を予約しておいた方が良いでしょう。

バンタヤン島の宿もトリバゴで探せば、色々な予約サイトの料金が表示されるので、比較して一番安いところで取ると良いでしょう。

トリバゴ

バンタヤン島の和食レストラン

バンタヤン島にある恐らく唯一の和食レストラン

さて、気になるバンタヤン島内のレストランですが、離島にしては開発が進んでおり、フィリピン料理だけでなく、アメリカン・ヨーロピアン系の人がたむろするバーや洋食っぽいレストランもあります。

そんななか、初日の夜は1軒の和食レストランを見つけ、行ってみました。

こんな離島で和食レストラン?どうせなんちゃっての和風フィリピンレストランじゃないの?
と思ったのですが、食べてみると意外にも結構きちんと日本の味を出しているではありませんか。

それもそのはず、こちらのご主人は日本人でした!

(画像はクリックで拡大可)

ご主人のゴースケさんは日本人ですが、生まれも育ちもアルゼンチン、世界中を旅してここ、フィリピンにたどり着いたという異色の方。

フィリピン人の奥様の出身地であるここ、バンタヤン島で奥様と二人三脚で和食レストランを開業されたそうです。

お二人ともとても気さくで、世界を旅されたゴースケさんからはいろいろと楽しいお話をお聞き出来ました。

バンタヤン島のようなところで日本の味が楽しめる、ゴースケさんのレストランへ是非、立ち寄ってみて下さい。

夜は海辺のコテージで、波の音を聞きながらゆったりと就寝出来ました。

次のページは:2日目 バンタヤン島一周の旅

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
観光
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント