セブに温泉!? バーベキュー、滝や洞窟巡りも楽しめるカトモン温泉

スポンサーリンク

こんにちは、トリセブライターのDAIです。

こちらに長く居ると、恋しくなるもののひとつに、お風呂がありますね。

常夏の島セブ島は、湯船につかる文化がありません。
皆、水シャワーが当たり前、高級ホテルにでも泊まらなければ温かいお湯につかれないんです。

でもなんと、そんなセブにも温泉がありました!

セブシティから北へ2時間と近場の温泉、カトムン温泉(Catmon hot spring)への癒しの旅を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

カトムン温泉への行き方

カトムン温泉はセブシティから北へ車で2~3時間行った、カトムン(又はカトモン)という町にあります。

グーグルマップではなぜか、エソイ温泉と表示されていました。

公共の交通機関としては、セブノースバスターミナルからカトムン行きのバスに乗り、カトムンで降りて、トライシクルやハバルハバル(バイク)などで温泉に向かいます。

今回私達は、セブ在住のメンバーで行ったため、自家用車で行きました。

リゾートの入口

なお、ここは予約制になっているため、行く前に必ず予約をしていきましょう。

前述のGoogle Mapに記載の電場番号や、Facebookに記載の電話番号に電話かテキストをするか、又はメッセンジャーで連絡してみて下さい。

とても長い階段に注意

ゲートを入って車を停め、温泉へと歩いて行きます。
温泉は渓谷の川に沿ってあるため、とても長い階段を降りなければいけません。

特に帰る時の登りが大変、足が不自由な人や年配者・小さな子供にはきつい場所ですのでお気を付け下さい。

スポンサーリンク

カトムン温泉は材料持込でバーベキュー出来る!

カトムン温泉にはレストランはありません。
その代わり、材料持ち込みでバーベキューが出来ます。

弁当を持参するか、大勢で行く場合はこのようにバーベキューをすると楽しいでしょう。

スポンサーリンク

カトムン温泉の浴槽

さてお腹がいっぱいになったところで、お待ちかねの温泉に入ってみましょう。
カトムン温泉内にはこのような浴槽がいくつかありした。

温泉と言ってもお湯はぬるく、38℃弱くらい。
水着を来て入りますので、温水プールといった方が良いですね。

しかも現地の人は、水着というより、Tシャツと半パンのまま入っています…。

まぁフィリピンは暑いですから、このくらいのぬるいお湯に長時間入るのが良いんですよね。

そしてこのような大浴場も。

大浴場

岩から温泉が沁み出てきており、しずくを触るととても温かいです。

そしてこのようなところからお湯が沸きだしてきています。

お湯の沸きだし口

一緒に行った日本人の友人たちは、この湧き出し口の上に寝そべって、「サイコー」と言っていました(笑)。

温泉にたっぷり浸かって癒されたあとは、これで終わりではありません。
次のページで、滝への冒険ツアーへ出発します!

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
アクティビティ
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント