セブ島で【アイススケート】を楽しめる! SMシーサイドのスケート場

スポンサーリンク

スケート場内の様子

さてこの日は平成最後の日、フィリピンではド平日の朝10時40分頃にスケートリンクに到着。
リンク内ではフィギュアの生徒さんがコーチとマンツーマンのレッスン中です。

リンク内には見たところ3人しかおらず、もしかして貸し切りクラス中なの?
と少し心配になりましたが、それは杞憂で、普通の営業日でした。

お昼前くらいになると徐々に人が増えてきます。
フィリピンでは4~6月は夏休みですので、沢山の子供たちが押し寄せていました。

スケート初体験の嫁の姪っ子、こわごわ滑り始めます。
でも滑ると言うより、歩いている状態。

この子にスケートを楽しんでもらおうと、コーチを頼もうとしたのですが、一人しかいないらしく、他の生徒にマンツーマンレッスン中で空いていません。

仕方なく私や嫁と交代で一緒に手をつないで滑ります。

でも嫁はスケート二回目、私も教えられるほどうまくないので、残念ながら姪っ子にスケートを楽しんでもらうまでにはなりませんでした。

そこでこのクマちゃんの出番です。

1時間100ペソで借りられるこのクマちゃんにつかまってゆっくり滑ったり、乗って私が後ろから押してあげたり。

嫁のお母さんもこのクマにつかまってこわごわ入場。

しかし60近い年齢での人生初スケートはなかなか手強かったようで、ほとんど滑らず座って見物していました。

ちなみにスケート場の入口すぐ向かいにはフードコートもあり、小腹がすいたら食べに行って、再入場も可能です。

その際当たり前ですが靴を履き替える事と、スケートのレシートをなくさないようにしましょう。

SMシーサイドのスケートは朝か夜が狙い目

今回は午前中に入りましたが、入場当初はガラガラだったリンクも、お昼前には子供達でかなり賑わいました。

前回、別の甥っ子を連れて夜に来た時は、ほとんど人がおらず、大変滑りやすかったです。

夜19時以降に来場した時のリンク

午後7時~9時の2時間もプロモ適用220ペソで滑れます、2時間も滑れば結構へとへとになるでしょう。

スケート後フィリピン人を連れて行きやすいお手頃レストラン

さてフィリピン人の友達や英語の先生と一緒に、大勢でスケートに来ると、ワイワイガヤガヤと大変楽しいものです。

そして終わってからの食事ですが、フィリピン人と一緒ですとあまり高いお店には行けませんね。

大勢で行った場合、向かいのフードコートで食べても良いのですが、LG階にあるおススメのお店をご紹介します。

Jonie’s/ジョニーズ

バーベキューのジョニーズ

ここ、ジョニーズはフィリピン人が大好きなバーベキューのお店。

このように大勢で食べるのにぴったりのお手頃メニューがあります。

実物はこんな感じ

チキンデリも良さそう

フィリピン人が大好きなチキンデリ

さらにその近くにあるチキンデリというお店も、コンボミールなどがお手頃で、フィリピーノを連れて行くのに良さそうでした。

でももし、日本人同士で来た場合は、このようなところより、松乃屋やPaolito’s STK TA BAIなどがオススメです。

まだまだ遊べるSMシーサイド

今回はスケートリンクをご紹介しましたが、SMシーサイド内にはショッピングはもちろん、ボーリングや映画など、沢山の遊べる場所があります。

SMシーサイド全体の紹介記事は、こちらをご参照下さい。

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
アクティビティ
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント

  1. […] セブ島で【アイススケート】を楽しめる! SMシーサイドのスケート場 | トリセブ より: 2019年5月4日 8:01 AM […]