【フォーワード留学】コーヒー探しで見つけたフィリピンあるあるな英語

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今朝のツイートで報告しましたように、私セブ島在住トリセブライターのDAIは、今週1週間(実質4日間ですが)、セブ島マンダウエ市にあるFour Word English Studioさん(以下フォーワードと記載)へ体験入学のチャンスをいただいております!

トリセブライター3人によるフォーワードさんの取材記事は、こちらをご覧ください。

上記取材でお邪魔した折に、体験入学のお話をいただき、まずは先月、同じトリセブライター仲間のyabe君が先陣切って体験入学をしました。

その時の様子はこちらの記事をご覧ください。

ですので、今回の私のシリーズは、yabe君とまた違う観点からの体験記を書きますね。
一部かぶる内容もあるかも知れませんが、出来るだけ補足する内容や新しい内容を記載していきます。

なお、はじめて来た人でもトリあえずセブを楽しめる、というトリセブのコンセプトに沿い、はじめて英語留学される方の目線で記事を書きました。

フィリピンに詳しい人からしたら「そんなの知ってるよ!」という情報もありますが、ご容赦下さい。

スポンサーリンク

オリエンテーション担当のTroyさん

yabe君の記事で既に初日のスケジュールは紹介済ですが、初日の午前はTOEIC模試と、学校自体のオリエンテーションで幕を開けました!

オリエンテーションを担当して下さったのはフォーワードスタッフのTroy(トロイ)さん。

23歳とお若い!

ドレッドヘアでイケイケのラッパー風ですが、外見と裏腹に(失礼(^^;)しっかりされていて、とても丁寧な方です。

トロイさんは日米のハーフ、日本育ちですがなんと高校時代をアメリカ・ペンシルベニア州のハイスクールで過ごされたという、英語学習経験豊富なスタッフさん。

楽しくオリエンテーションを進めて下さいました。

詳しくはフォーワードさんのブログに書かれていますが、ひとつだけ、気になる点をご紹介しますね。

セブ島に電車はないので、ジプニー・タクシー・GRAB・マイバス等を利用して移動することになります。

その中でも特にフィリピン名物のジプニーは大人気!
セブに旅行に来たら是非乗ってみたいと思われるかも知れません。

ですが、フォーワードさんに留学中は、このジプニーの乗車が、宿舎と学校間を除いて禁止!
タクシーかGRABで移動して下さい、との事でした。

安い運賃であちこち行けるジプニーは魅力的ですが、安全のためですので、留学中は利用を控えましょう。

スポンサーリンク

コスパ最高の昼食場所!

フォーワードのあるビルのM階の食堂

昼食についてもyabe君の記事に記載はありますが、そこに載っていない情報を補足します。

フォーワード周辺にはオシャレなレストランやカフェがありますが、節約したい向きにオススメなのが、同じビルのM階(実質2階)にある食堂。

ここはカレンデリアと呼ばれる、フィリピンローカルの食事場所で、先生たちやビルの従業員に交じって安く昼食を取ることが出来ます。

このようなカウンターがいくつか並んでおり、大体どこも同じようなおかずを置いています。
指差して食べたいものを注文します。

そしてどのお店で注文しても、こちらのレジで支払います。

私はこの日、チキンカレーとご飯、スープを頼みました。

留学初日の昼食、わずか55ペソ也!

スープですが、”Only soup”又は、”サバウ ラン(ビサヤ語で「スープだけ」の意)”と言うと、具なしですがサービススープがもらえます。

これだけ頼んでわずか55ペソ(約120円)と、ふところにやさしい昼食場所なのです。

関連記事:

次のページは:英語留学生の死活問題!

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
留学
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント