セブシティ在住者が選んだ観光10選! 定番からちょっと意外な穴場まで

スポンサーリンク

マクタンシュラインとラプラプ像

画像情報:WIKIMEDIA COMMONS
入園料無料
営業時間入園はいつでも可
ジプニーパークモール等より23番乗車

はじめての方向きの場所です。

次はセブシティから橋を渡ったマクタン島の観光スポットをご紹介しましょう。

空港のあるマクタン島の東、半島部分の付け根に、マクタン島の盟主・ラプラプ王の銅像が立っている公園があります。

1521年、スペインから来た冒険家のマゼランは、軍を率いてマクタン島のラプラプ王と戦いましたが、ラプラプ軍が勝利し、マゼランは戦死。

マクタンシュラインは、この時のフィリピン人側の勝利を称える記念公園です。
ここにはラプラプ象だけでなく、歴史好きは必見の、当時の様子を伝える絵画や石碑もあり。

マゼランとラプラプの闘いを描いた絵画(著者撮影)

また、お土産屋さんや取れたての魚を調理してくれる水上レストランもありますので、歴史に興味がない人も、少し立ち寄って記念撮影やお土産を物色すると良いでしょう。

(画像は著者撮影、クリックで拡大可)

ただしこの水上レストランはローカルな雰囲気にも関わらず、やや割高な観光客価格に設定されています。

10,000本のバラ

画像情報:Pexels
入園料20ペソ
営業時間毎日11時~23時
ジプニーMI-03A・B

はじめての方向きの場所です。

2017年にオープンした新しめの観光名所、10,000 Roses(テンサウザンド ローゼス)。

このカフェの庭にはその名の通り、本当に10万本のバラがある…のかどうかは分かりませんが、沢山の白いバラで埋め尽くされています。

夜になるとライトアップされ、さらにロマンティックに。

作り物のバラですが、真っ白で、インスタ映えするスポットとして、多くの地元民・観光客を集めています。

ジプニーで行きたい場合はパークモールから23番に乗り、ブリッジを渡ったハイウェー沿いでMI-03Bに乗り換え、 ほぼ終点のコルドバのセブンイレブンのある交差点で降ります。
最後はトライシクルかハバルハバルで海辺のカフェ迄移動して下さい。

なぉ、カフェですのでピザやパスタなどの軽食はありますが、本格的に食事をしたいなら、近くにあるランタウ水上レストランがオススメです。

クラウンリージェンシーのアトラクション

(このセクションの画像は著者と著者の友人が撮影)

料金入場料:250ペソ
アトラクション1つ:500ペソ
2つセット:750ペソ
3つセット:1000ペソ
営業時間平日 午後2時~深夜12時
土曜日 午前10時~午前2時
日曜日 午前10時~深夜12時
ジプニー04B/04H/06B/06C/07B/14D/17B/17D
(Jonesと書いてあるジプニー何でも止まります)
MyBusフェンテオスメニャで下車し徒歩5分

はじめての方、セブ島リピーター・英語留学生の方ともに楽しめます。

セブシティの中心部、ジョーンズアベニューにある高層タワー、クラウンリージェンシーホテル。

その二つのビルの最上階を結ぶ、ジップラインというなんとも恐ろしいアトラクションがあります。

じつは私、少し高所恐怖症気味で…というか、普通の人と同じくらい高いところへの恐怖感を感じるので、普通こういうところには興味ありません。

ところが、セブで結婚式をしたときにクラウンリージェンシーホテルに泊まりまして、その時日本から来てくれていた、アトラクションマニアの友人に、強引に誘われて行ってきました。

結果は…

もう二度と行きたくない! と思いました(笑)。

それほどの恐怖感を感じたわけです。
という事は、高いところが大好きな人は大満足間違いなし!

アトラクションは以下の3つ。

二つのビルの屋上間(地上40階、高さ100m超)を宙吊りで渡るTower Zip

ビルの屋上の周囲に巡らされた柵のない通路を命綱付けて歩くSKY WALK

ビルの屋上の周囲を90度傾きながら1周するEDGE COASTER

私はさすがにジップラインは拒否しました、友人が渡るのを見ているだけでもコワい。

そしてスカイウォークなら、みんなで行けばコワくないと思い、挑戦したのですが…

はじまってすぐ、ものすごく後悔しました、でも戻るに戻れません…

案内役の人は「もし落ちても大丈夫、この辺は素晴らしい病院が沢山あるから安心だ!」などと冗談を言います。

命綱はあるとはいえ、ガラス張りの幅1.5mほどの、柵のない、歩くとミシミシ言う床を結構な距離歩いて行くのです!

すっかり腰がすくんでしまい、ほぼ1周、四つんばいで、普通の人が5分でクリアするところを15分くらいかかってなんとかクリアしました。

本当に、生きててよかった…と思ったものです。

そしてエッジコースターも、乗っているだけなので平気だと思ったのですが…

エッジコースターにはシートベルトがなく、太もものところをバーで固定されているだけです。
その状態で、はじまってすぐ、自動的に90度傾きだします!

もし滑ったら…落ちるじゃないですか⁉

下を見ると、100m下の道路までなにもありません。
夜に乗ったので怖さ倍増! 「ギャー」と叫んでいました。

すぐに傾きを戻し(手動で操作可能)、そのあと見ている友達から「倒せ!倒せ!」というブーイングに遭いながらも、倒さずに1周して終わりました。

まぁとにかく怖いアトラクションです、高いからコワいというだけでなく、フィリピンなので何かに不具合があれば命の保証がない、というコワさも増し加わっています。

コワいのが好きな人は是非行ってみて下さい。

クラウンリージェンシーへは、ITパークやアヤラからジプニー1本で移動出来ます。

クラウンリージェンシーのアトラクションギャラリー

(画像はクリックで拡大可)

・次のページ:セブ滞在最後の夜を飾るのにピッタリのアクティビティとは?

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
観光
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント