【セブ島グルメ】フィリピン料理おすすめレストラン5選

スポンサーリンク

日本からさほど遠くなく、時差も1時間だけの南国リゾートであるセブ島。近年では、日本から旅行で訪れる人も増えており、セブ島の魅力を満喫しています。

さて、旅先での楽しみは観光やショッピングだけでなく、現地での食事も含まれます。日本でのいつもの食事と違って、旅行先ならではのエキゾチックな料理を堪能したいものです。せっかくセブ島を旅行しているなら、ぜひフィリピン料理を食べてみたいと思うことでしょう。

今回は、みなさんがセブ島旅行中にフィリピン料理を味わうなら、ぜひとも訪れるべきレストランを5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フィリピン料理の特徴

日本で生活していると、なかなかフィリピン料理に接する機会がないかもしれません。

セブ島旅行でぜひフィリピン料理を食べてみたいと思っていても、フィリピン料理についての情報がないと何を食べて良いのかわかりませんね。ここでは、フィリピン料理の特徴を簡単に紹介します。

コメ食民族

フィリピン料理の特徴の一つは、コメを中心とした料理が多いという点です。

日本食も主食はコメですが、フィリピンでも日本と同じかもしくはそれ以上にコメをよく食べます。

フィリピンで一般的に食されているコメは、日本のモチモチしたジャポニカ米とは異なる品種で、少しパサパサしたインディカ米です。

フィリピン料理は油を多く用いているものが多く、インディカ米のご飯と一緒に食べるととても美味しい組み合わせとなっています。またシニガンと呼ばれるスープをご飯にかけて食べる習慣もあり、パサパサしたコメを美味しく食べる工夫がなされています。

多文化の影響を受けた料理

フィリピンは長い歴史の中で、海を介して近隣の多くの民族と貿易やその他の交流を送ってきたため、料理にも多くの文化の影響が見られます。

特におよそ300年以上続いたスペインによる植民地統治の影響が大きく、油を用いた肉食中心の料理などはスペインの影響が強いと言われています。料理名にも「アロス・カルド」など、スペイン語がそのまま使われているものがあります。

また、スペインよりはるかに古くから交流がある中国の影響も強く、庶民の間で広く親しまれているメニューの多くは中華料理の影響が強いと言われています。「ルンピア」と呼ばれる春巻きや「シウマイ(焼売)」に加え、「パンシット・カントン」と呼ばれる焼きそばがよく食べられています。

スポンサーリンク

フィリピン料理おすすめレストラン

それでは、セブ島で味わえるおすすめのフィリピン料理レストランを紹介します。

しかし、セブでは人気のあるレストランでも突然閉店してしまうことがよくあり、せっかくブログ記事で紹介されていたレストランに行ってみたのに閉店、もしくは別の店に変わっていたという事例もあり、セブ島ブロガーを悩ませています。

そこで今回は、主にショッピングモールなど複数箇所に出店しているチェーン店を中心紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめレストラン1:Kuya J

最初にご紹介するのは、Kuya J。

セブでは SM モールやアヤラショッピングモール、その他にも複数展開しています。Kuya J では、提供されるメニューの品数が非常に多く、大勢の人数で食事をするのに適しています。モール内の店舗では、常に順番待ちの列ができるほど人気となっています。週末には家族連れなどで賑わっています。

Kuya J の人気メニューは、「クリスピーパタ」や「ローストチキン」です。さらにフィリピンの定番スイーツである「ハロハロ」も人気です。

Kuya J SM シティモール店
住所:SM シティモール 1階
電話:(032) 266 8600
営業時間:午前10時〜午後9時

つづきは次のページでご覧ください。

Masa_Harayama

セブ島在住フリーランサー。
セブ市内の語学学校マネージャーを経て、現在はセブのトピックを中心に扱うトラベルライター。その他、台湾では音楽イベントの運営に携わり、日本、台湾、フィリピンを中心に活動している。
ビサヤ語習得を目指し効果的な学習方法を模索中。

こちらもご覧あれ:
Blog:【日刊セブ便り】

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
食事
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント