日比同時ブームのタピオカミルクティー(バブルティー)とは

スポンサーリンク

今回の記事は、日本でもブームになっているタピオカミルクティーについてです。

数年前から、セブ島でやたらとミルクティーの店を見かけるようになりました。

しかし私はまだあまり飲んだことがなく、「一体どういう飲み物なのだろう?」と思っていたのです。

スポンサーリンク

タピオカミルクティーブーム

タピオカミルクティー自体は、台湾発祥の飲み物だそうです。

甘く大粒のタピオカを、アイスティーに入れ、太いストローでそのまま飲めるようになっています。

このタピオカミルクティー、実は日本には1990年代に既に入ってきていたそう。

その後何度かのブームを経て、2018年から世界各国で爆発的なブームに。

フィリピンでもバブルティー、ブラックパールティーなどと呼ばれて親しまれています。

日本では有名店では1時間以上も並ぶこともあるそうですが、そんな大人気のタピオカミルクティーを、フィリピン・セブ島のアヤラモールにあるお店で飲んでみました。

スポンサーリンク

アヤラのCoCo(都可)へ行ってみた

今回行ってみたのは、アヤラモール2階にある、Coco(都可)というアイスティー店。
台湾発祥のチェーン店で、本国でも行列ができる人気店だそうです。

行ってみて場所が分からなければ、ガードマンにこの記事の写真を見せると、どこにあるか教えてもらえるでしょう。

結構な行列が出来ています、フィリピン人は新しいもの好き、そして甘いもの好きですので、今ミルクティーは本当に大ヒットですね。

行列が行列を呼び、並んでいる間もどんどん列が伸びて行きます。

スポンサーリンク

CoCoのメニュー

フィリピン人が大好きそうな、とても甘そうなアイスティーの写真が目に留まります。
どれにしようか悩んでしまいました。

CoCoには、タピオカミルクティーだけでなく、フルーツティーや、ジュース、ココア(チョコレート)など、様々な種類の飲み物がラインナップ。

ホットの飲み物もあります。

氷の量と砂糖の量を選べる

そして嬉しいのが、氷の量と砂糖の量を選べる事。

私は今回、White Pearl Milk Teaのアイスをオーダー、氷の量は特に聞かれなかったのですが、シュガーレベルは30%にしてみました。

スポンサーリンク

CoCo店内の様子

CoCoの店内では、数人の若いスタッフがテキパキと注文をさばいています。

注文すると、10 to 15 minutes(10~15分掛かります)と言われ、「えっ、お茶入れるだけでそんな掛かるの?」と思ったのですが、実は3分で出てきました(笑)。

フィリピンはレストランやカフェで注文すると、大体何でも10 to 15 minutesと言われますので、これはただの決まり文句なんでしょうね。

料理であればそれ以上かかる場合がありますし、飲み物だったらすぐ来る場合もあるわけです。

店内にはテーブル席やカウンター席があり、若い人を中心ににぎわっていました。

スポンサーリンク

CoCoのタピオカミルクティーを飲んでみた

さて3分ほどでパックされたミルクティーが出てきました。

私は透明のタピオカが入ったWhite Pearl Milk Tea、一緒に行ったフィリピン人の友人は黒いタピオカ入りのCoco Milk Teaを注文。

普通はカバーにそのままストローをぶっ刺して飲むのですが、私は写真を撮るため蓋を開けてみました。

タピオカは底に沈んでおり、見えません。

飲んでみると、シュガーレベル30%でしたが、十分に甘い!
これ以上のシュガーレベルにすると、どんなに甘いのでしょうか。

ホワイトパールは小さいつぶつぶのタピオカで、喉をすっと通ります。
大きなタピオカが苦手な人にもおススメです。

沢山のメニューがあるので、またリピートして違うのを頼んでみたいなと思いました。

スポンサーリンク

エコ派にオススメのグッズ

再利用可能な鉄のストロー・ストロー入れ・ストロー洗い用のブラシが付いたセットも、190ペソ(約400円)で販売しています。

アイスティーが好きで、エコ派の方はGetすると良いかも知れませんね。

ちなみにタピオカミルクティーは、セブ島ではフードパンダというサービスでデリバリーも可能。
わざわざ外へ買いに行かなくても、ホテルの部屋へ持ってきてくれます。

フードパンダの使い方は、こちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク

再建中のガイサノメトロ

さて実はCocoが入っているアヤラモールは2018年の正月に火災に見舞われ、ガイサノメトロ部分が消失。

あれから約2年で、取壊し、ここまで再建が進んでいます。
今回のCocoも、実は旧ガイサノメトロ部分に出来ているお店。

来年は、ガイサノメトロ部分が完全リニューアルオープンしそうですね。

(記事内の写真は全て著者撮影)

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
食事
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント