フィリピンのマクドナルドに【タピオカミルクティー】が登場!

スポンサーリンク

こんにちは、トリセブライターのDAIです。

最近私は、ベトナム・カンボジア・タイの東南アジア3か国を周遊してきたのですが、どこへいってもタピオカミルクティーは大人気でした!

アジアで爆発的大ブームが続いている、タピオカミルクティーですが、以前トリセブでも、セブ島で飲めるタピオカミルクティーのお店を取りあげましたね。

タピオカミルクティーとはなんぞや、という方はまず上記記事をお読みください。

さて、そんな大人気のバブルティーが、なんとフィリピンのマクドナルドにも登場!

今回はマクドナルドで飲めるタピオカミルクティーについてご紹介します。

スポンサーリンク

タピオカミルクティーとソフトクリームのコンビ

ある日お昼ご飯を食べようとマクドへ行くと、なんとこんな宣伝が。

著者撮影

その名も”Milk Tea McFloat”。
従来からあるマックフロートとタピオカミルクティーが合体です。

タピオカ豆知識

ちなみに私も知らなかったのですが、タピオカはフルーツなどではなく、キャッサバを原料に作られる加工品です。

キャッサバ(画像情報:WIKIMEDIA COMMONS

キャッサバというと芋のようなものですから、もともと甘みはあまりありません。

色もそのままですと乳白色をしています、これはパールティーと言われるものに使われます。
よく見る黒い色のタピオカは、カラメル色素で色付けされているのです。

そしてこのマクドの宣伝にも、”Brown Sugar Pearls”とあるように、タピオカを黒糖で煮て甘みを付けます。

タピオカミルクティーは頑張れば家でも作れますが、 このタピオカを煮る工程に結構手間と時間(30分~1時間)が掛かるそうです。

これがなかなか大変なので、気軽に外で飲めるバブルティーのお店が大人気なわけですね。

早速これをビッグマックセットのドリンクで注文してみました。

著者撮影

はい、フィリピンのマクドは商品を並べるという感覚がありませんから、このようなぐちゃぐちゃの状態で渡されます。

著者撮影

自分でそれなりに揃えてみました、さて、いただきます!

著者撮影

宣伝の写真とは異なり、紙カップで出てきました(笑)。
しかもソフトクリームがちょっと溶け気味ですね。

ま、フィリピンですので細かい事は気にしない。

実際飲んでみると、意外にもフィリピンにしては甘さ控えめでした(日本人の感覚からすると十分に甘いでしょうが)。

お味はというと、専門店ではなくマクドの商品にしてはけっこう頑張っているな!という感じで、なかなか美味しいです。

太いストローが付いており、下の方にたっぷり入ったタピオカを吸い取れます。

普通のミルクティー味とメロン味の2種類のラインナップ、お値段はどちらもレギュラーが75ペソ、ラージが95ペソと手ごろです。

今回はセットのドリンクをアップグレードしたので、たしかセットの値段に+50ペソくらいでした。

なかなかリーズナブルですね。

ちなみに別の日に別のマクドで飲んだ時は、宣伝の写真と同じ透明のカップに入っていました。

バブルティー専門店で飲むと100ペソ前後するタピオカミルクティーが、ソフトクリーム付きでマクドなら75ペソで飲めるのはなかなかにお得です。

願わくば味やタピオカの種類のバリエーションの追加、またソフトクリームなしバージョンも出て欲しいな~、と思います、今後に期待!

皆さんもトライしてみて下さいね~。

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
食事
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント