ロックダウン中にフィリピン-日本間で荷物を送ってみた結果

スポンサーリンク

日本からフィリピンへDHLで発送

画像情報:Pixabay

今回日本の実家から、セブの私のところへ送る書類があり、DHLを利用してみました。

DHLを選んだのは実家の近くに営業所がある事、またセブの家の近所でDHLの配達バイクを見かけたため、ロックダウン中もきちんと動いているのだなと思ったからです。

他社も何社か値段を見ましたが、0.5kg以下のエンベロープ(封書)ならほぼ値段同じでした。

大阪からセブへの持ち込み配送料は、4,400円でした。

伝票の書き方は、こちら

大阪の私の親に頼みまして、必要書類をDHL営業所へ持ち込んでもらいました。
専用の封筒は営業所にあります。

DHL フィリピンへの荷物追跡

さて、6月3日に発送したこの書類、ロックダウン中ですが無事に届くでしょうか?

以下は追跡情報です、下から上に時系列で進みます。

大阪から香港経由でセブへ入るところまでは実にスピーディーですね、発送日翌日の夜にはセブに入っています!

ところが…

5日金曜日になぜかMANILAの表記が。
すぐCEBU表記に戻ったものの、”処理保留中”とは一体…???

土日は何も動かず、週明けの8日に再びMANILAの表記が入った時は、

DAI
DAI

えっ、やっぱ間違ってマニラへ送っちゃったか…

と一瞬あきらめモードになりました。

しかしその日のお昼過ぎに、一本の電話が。

「あ、今持ってきたけど」

って、やはりフィリピンの常識、いつも何の連絡もなく突然届きます。
まぁ今はロックダウン中で家にいつでもいるので大丈夫ですが。

どうやらMANILAの表記は単なるデータの打ち間違いだったようです、やれやれ。

DHL追跡情報、時系列は下から上へ
  • 日本で要した日数:1日
  • フィリピンで要した日数:4日

日本で営業所に持ち込んでから、土日を挟んで5日目に届きました。
ロックダウン中でもこの日数で届くのはありがたいですね。

10日かけてセブへ届いた封書(著者撮影)

ただし書類で配送料4,400円というのは、EMSの3倍以上の値段、結構な出費です。
本当にすぐ必要なものは使わざるを得ないですが、そうでなければEMSが良いかもしれません。

次のページ:フィリピンから日本へFedexで発送

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
その他
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント