フィリピン旅行でストレスを溜めない7つの鍵-6つの”しない”と1つの”する”

スポンサーリンク

予約する

予約済
画像情報:Pixabay

さてここまで、フィリピン旅行でストレスを溜めない為の6つの”しない”事を取り上げました。

要は「郷に入っては郷に従え」という事です。

ここは日本ではない、フィリピンという外国なんだ、いやもっと言えば、違う星に来たんだ、くらいに思う必要があります。

ストレスを生み出すのは私達の感覚です、旅行中は日本の感覚を一時的に忘れ、現地の人の感覚に近付けば、ストレスは減るというもの。

加えて、ストレスとなる状況を減らす事も出来ます、そのためのひとつの”する”事を最後にご紹介します。

それは、”予約”です。

日本でも、友人との食事会や、旅行のアクティビティは予約を入れますね。

それはフィリピンでも同じです、ただし、もうお察しの通り、フィリピンでは予約を入れておいても、確実ではありません。

じゃぁ、予約する意味ないんじゃないか? と思うかも知れませんが、その逆です。

たとえば、セブシティで美味しいと評判のレストランで食事をする、あるいはマクタン島のビーチリゾートでアクティビティを楽しむ、といった時に、予約を入れていても確実に食事やアクティビティが楽しめる、と思ってはいけません。

担当者のミスで予約が通っていなかったり、忘れられていたり、ダブルブッキングされていたり、施設の故障や臨時休業など、あらゆる不確実性が考えられるフィリピン。

予約しておいてもそれですから、予約なしで行くと、確実性はもっと下がりますよね!

フィリピンのような発展途上国での旅行を楽しむコツは、確実性を上げる事の積み重ね

いい加減でぐちゃぐちゃな国だからこそ、ネット上の情報を事前に調べ、予約できるものは予約をし、出来る準備はしておく、そうやって予定の確実性を上げます。

その上で、予定通りに進まない心づもりもしておく。

前述の「予定を詰めすぎない」というのはそのためです、ぎちぎちの予定を組んでおくと、ひとつ予定が遅れると全部が崩れてしまいますから。

予定に余裕があれば、予約していたレストランで食事が出来なくても、近くの別のレストランを探して移動し、ゆっくり食事が出来るわけですね。

予約を含め ”ほどほどに準備し、柔軟に行動する” のが、ストレスのないフィリピン旅行の鍵です。

ところが最近、セブ島のレストランを予約出来るだけでなく、なんと10~50%引きで食事が出来るビックリするようなアプリが出来ました。

7つの鍵おさらい

画像情報:Pixabay
  1. ニオイを気にしない
  2. 騒音を気にしない
  3. プライバシーを気にしない
  4. 割り込みを気にしない
  5. 時間を気にしない
  6. 予定を詰めすぎない
  7. 予約をする

フィリピンを旅行中はこれらを守って、ストレスを溜めない楽しい旅にしましょう。

冒頭で引用した同じ会社の調査で、旅行の満足度を、
「期待して行ったら、期待通りだった」
「期待していなかったが、行ってみたら良かった」
「期待していなかったし、行ってみたら良くなかった」
「期待して行ったら、期待外れだった」
の4つに分けて測っているものがあります。

これを、総合満足度5位のタイと、TOP20圏外のフィリピンで比べると、「期待していなかったが、行ってみたら良かった」という人の割合が、フィリピンはタイの2倍近く多いのです。

つまり、フィリピンは期待せずに行くと、意外と良い旅行先、という事になるでしょうか。

なので、この記事ではあえて、皆さんを期待させないよう、フィリピン旅行のネガティブな面を強調して書きました。

でもストレスを溜める旅行になるか、リラックスして旅行を楽しむかはあなた次第です。

この記事の7つの鍵を実践して、フィリピンがあなたの中での満足度ランキング1位の国になりますように。

1977年(昭和52年)生まれの関西人。
フィリピン・セブの地を初めて踏んだのは2013年。
その後すぐ現地へ移住、一時日比を行ったり来たりの生活を経て、2017年3月にフィリピン人嫁と結婚し再びセブに定住。
セブ歴通算6年。
趣味は車・バイク・レース観戦
好きな食べ物はラーメン

トリセブをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ村ランキングに参加しています。この記事が良いと思っていただけたら是非クリックをお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
観光
スポンサーリンク
トリセブをフォローする
トリセブ

コメント

  1. […] フィリピン旅行でストレスを溜めない7つの鍵-6つの"しない"と1つの"する"ストレス要素の多い国フィリピンをストレスなく旅行するための7つの鍵-6つの"しない"事と1つの"する& […]